診察

内科診察について

消化器症状

こんな症状なら

[list class="li-check li-mainbdr main-c-before"]

  • 胸焼けがする
  • 胃の辺りが重い
  • みぞおちのあたりが痛い

[/list]

[box class="box27" title="内服薬による治療を行うとともに"]胃カメラ(胃内視鏡)検査が必要かもしれません。[/box]

[memo title="胃カメラ(内視鏡)検査では、、、、"]

直接、映像を通して、逆流性食道炎、ピロリ菌の感染、慢性胃炎、十二指腸炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍など食道、胃、十二指腸に関係する病気を目で見ることができます。また、組織検査も同時に行いますので、約1週間後には、組織の異常についても説明し、方針を立てることができます。

[kanren id="1534"]

[/memo]

 

こんな症状なら

[list class="li-check li-mainbdr main-c-before"]

  • 血便が出た
  • 便が細くなってきた
  • 便秘が続いている
  • 検診で便潜血陽性と指摘された

[/list]

[box class="box27" title="当てはまる症状があれば"]大腸カメラ(大腸内視鏡)検査が必要かもしれません。[/box]

[memo title="大腸カメラ(大腸内視鏡)検査とは"]大腸全体をまんべんなく観察して、異常の有無を調べるための検査です。確かに検査前に下剤を飲む必要があり、胃カメラ(胃内視鏡)検査に比べて負担は大きいですが、当院の実績で見る限り、大腸癌の検出率は胃癌よりも多くなっており、便の異常を調べるには、これ以上の検査はないと考えます。

[kanren id="1411"]

[/memo]

[alert title="日帰り手術も可能"]

当院では、1cm未満のポリープに対して大腸カメラ(大腸内視鏡)の時に切除を行うことが可能です。

[kanren id="1397"]

[/alert]

 

こんな症状なら

[list class="li-check li-mainbdr main-c-before"]

  • 検診で肝機能障害を指摘された
  • 右の肋骨の奥が痛い、みぞおちの辺りが痛い
  • 以前、超音波の検査で異常を指摘されたが放置している
  • 糖尿病だけど、超音波の検査をしたことがない

[/list]

腹部エコー(超音波)検査を予約で、適時行っています。腹部エコー(超音波)検査では、肝臓、膵臓、脾臓、腎臓、胆嚢、膀胱、前立腺、子宮、卵巣などの臓器を観察することができ、異常があり詳しく調べる必要がある場合は、さらに設備の整った医療機関に紹介をさせて頂いております。上記の症状以外でも、お腹の症状に対して、適時検査を行なっています。

呼吸器症状

こんな症状なら

[list class="li-check li-mainbdr main-c-before"]

  • 頑固な咳が続く
  • 内服薬をもらったけれど、咳や痰の症状が続いている
  • 夜、床につくと咳が出る、もしくは、朝方になると咳が続く
  • 喫煙歴があり、階段を登ったりすると息切れがする

[/list]

まずは、胸部レントゲンでのチェック

次に、呼吸機能検査やレントゲンで異常があるときは、長吉総合病院にて胸部CTをお願いしております。

[box class="box27" title="CTのダブルチェック!"]長吉総合病院で撮影したCTは、当院ですぐに読影を行うと共に、長吉総合病院の放射線科医による読影もあるため、結果的にダブルチェックとなり、見落としなどが起こらないように細心の注意を払っています。[/box]

呼吸器科ならではの治療も行っています。

[list class="ol-circle li-accentbdr acc-bc-before"]

  1. 喘息のコントロール、咳喘息の治療
  2. 肺気腫(COPD)の患者様へのHOTの導入、フォローアップ
  3. 睡眠時無呼吸症候群への簡易検査、CPAP治療

[/list]

[memo title="HOT(在宅酸素療法)"]在宅酸素療法とは、自宅に酸素濃縮装置を設置して、継続的に酸素を吸入することで低酸素を改善し、日常生活のQOLを改善することです。

対象疾患としましては、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、間質性肺炎、心不全などが挙げられます。[/memo]

[memo title="CPAP治療"]簡単に言いますと、寝ている間に機械から空気を送り込んで、気道を開けておこうという治療方法です。

対象疾患は睡眠時無呼吸症候群です。[/memo]

呼吸器疾患では、上記のように、継続的に機械を用いた加療が必要になる場合が多いです。当院では、帝人にお願いしする形で、各機械による患者様の治療状況のモニタニングを行いながら、加療を行っています。

 

循環器症状

[list class="li-check li-mainbdr main-c-before"]

  • 突然の胸の痛み
  • 続く動悸や胸の違和感
  • 動作をした時の胸の痛み

[/list]

胸痛に対しまして、当院では、心電図、胸部レントゲン、血液検査などの検査を行います。

[alert title="すぐに設備の整った病院への紹介が必要な場合も"]心臓の疾患ですぐに対応が必要なものとして、急性心筋梗塞が挙げられます。当院で検査ののちすぐに対応が必要だと判断した場合は、大阪警察病院 循環器内科を始め、対応の可能な病院に速やかに紹介させて頂いています。[/alert]

不整脈やその他胸痛への対処

心電図、心エコー、ホルター心電図(24時間心電図)の検査を行うことができます。胸部レントゲン、血液検査の結果を含めて、原因の精査を行い、治療を行っていきます。

脳血管関連、めまい症状など

当院では、頸部の血管の狭窄、閉塞を調べるため、頸動脈エコー(超音波)検査を行っております。

めまい症状がある場合は、内服・点滴で加療を開始するとともに、頸動脈エコーにて精査を行い、必要な場合は、MRI+MRAのできる医療機関に紹介をさせて頂いております。

[memo title="脳梗塞、脳出血を発症された患者様につきましては"]精密検査、入院加療が必要であると考えますので、受診された患者様は、専門の医療機関に紹介させて頂き、通院中の患者様で自宅で発症された場合には、救急対応をしていただくように説明させて頂いております。[/memo]

 

 

 

糖尿病や高脂血症、高血圧、高尿酸血症(痛風)など

いわゆる生活習慣病です。治療の中心が生活習慣の改善と内服薬による治療です

内服薬を処方しながら、定期的に採血を行い、患者様に説明、生活指導を行っております。

[memo title="糖尿病"]糖尿病については、必ず、定期的な経過観察が必要です。

[list class="li-check"]

  • 内服による治療
  • GLP-1受容体作動薬(トルリシティ)による治療
  • インスリンによる治療

[/list]

当院では、内服(糖尿病治療薬)→週一回の注射(GLP-1受容体作動薬)→毎日の注射(インスリン)という形で、糖尿の状態に応じた治療を行っています。

[/memo]

 

健康診断、人間ドックで異常を指摘されたら

必ず、検診の結果を持って当院へ来院してください。検査の結果に応じて、必要な検査、治療について相談をさせていただきます。

 

-診察
-, , , , , ,

© 2021 医療法人 慈光会 中谷医院 Powered by AFFINGER5