お支払いがキャシュレスに対応しました。

院内処方

院内処方

院内処方とは

特徴

  • 診療所・クリニックで診察と処方が完結する
  • 医師が内服薬や外用薬、吸入薬の方法説明
  • 調剤に関係する費用がかからない
  • 対応できない薬剤が存在する

院長

調剤料が必要ないため、より経済的に薬の処方を受けることができます。種類についてはほとんどの疾患を網羅していますが、中には対応が困難内服、注射薬などもあるため、その時は院外処方にて対応を行うことにしています。基本的に院内処方のメリットは経済的であることが第一ということです。

院外処方とは

特徴

  • クリニックでは処方箋を処方します。(処方料は院外も院内もほぼ変わりません)
  • 処方箋をもって調剤薬局でお薬を処方
  • 調剤薬局では、お薬の費用以外に調剤に関する費用が必要になります
  • 処方量の少ない薬剤でも取り寄せることができる

院内処方

 

院長

調剤薬局では、処方されている内服についての説明を薬剤師から受けることができますが、医師が自分の処方薬について事前に説明していることが多いため、2度手間になることがあります。また、説明に仕方によっては、医師が意図しない説明をされる場合もあり、患者様の理解を混乱させる可能性もあります。

院内処方と院外処方の費用負担

院内処方

院内処方は経済的

  • 薬局での調剤に関する費用が不要です
  • 薬の価格は、薬価がありますので、同じ薬であれば、院内・院外で差はありません
  • 薬を小分けにする分包費用などはいりません

 

調剤費用

調剤料とは、調剤薬局(薬局)で処方されるときに加算される費用です。

現在の調剤薬局での調剤料(2018)

調剤技術料

調剤基本料 薬局を利用することで必要になる費用
調剤管理料 薬の調剤にかかる費用
各種加算料 一包化などに関わる費用

薬学管理料

かかりつけ薬剤師などに関する費用

院長

調剤についても、いろいろな加算を取られる仕組みになっています。
いつの間にか加算を取られて薬の費用がかさむよりは、院内処方の方がシンプルで、経済的だと思います。
院内処方では調剤に関する費用はいりません。

当院での処方の特徴

特徴

  • 院内処方と言っていますが、もちろん、院外処方もできます
  • 調剤薬局だと費用のかかる一包化の費用がかかりません
  • ジェネリックも積極的に処方をしています
  • 薬剤情報やお薬手帳も発行します。余分な料金はいただきません

一包化とは

朝、昼、夕に内服するお薬を飲む時間帯にわけて、再度、袋に入れなおすことを言います。

一包化の目的

  • 処方薬が数種類あり、薬剤の飲み忘れ、飲み誤りの恐れが考えられる場合に、ミスがないようにする
  • 薬をうまく取り出したりすることが、障害などにより困難で、服用することができない

調剤薬局では、薬剤の一包化に費用がかかります。

一包化にかかる費用の一例です

処方日数 1割負担 3割負担
1〜7日 30円 100円
8〜14日 60円 190円
15〜21日 100円 290円
22〜28日 130円 390円
29〜35日 160円 480円
36〜42日 190円 580円
43日以上 220円 660円

 

当院の処方では、一包化の費用はいりません

一包化を希望される方は、気軽に受付に申し出てください。

先発薬もある程度の種類を用意

基本、処方する時はジェネリックを優先して処方していますが、先発薬品でないと調子が崩れる方もおられるため、当院では先発薬品もある程度残して処方をしております。ジェンリックと先発薬品を使い分けることにより、安心して副作用の少ない処方を受けることができます。

院長

先発薬を希望される方は、外来診察時に先発薬を希望される旨をお伝えください。種類によっては対応が困難な場合もありますのであらかじめご了承ください

分包機なども調剤薬局並み

当院での薬剤業務は、分包機なども湯山製作所の製品を用いているため、設備としても調剤薬局と変わらない環境を築いています。また、採用するジェネリック薬も、日医工、沢井製薬、トーワ製薬と大手のジェネリックメーカーの製剤を使うことにしています。