大阪市胃がん検診の予約を受け付けています。

院内処方

院内処方

院内処方とは

診療所・クリニックで診察をおこなって、その診察の結果、必要な薬の処方を診療所・クリニックで処方をしてもらいます。

院長

院内処方では、診察とお薬の処方を診療所・クリニック内で行いますので、調剤薬局に行く必要はありません

院外処方とは

診療所・クリニックではお薬の処方を行わず、処方箋を発行します。そして、処方箋を受け取った患者様は、調剤薬局に行って、お薬の処方をしてもらいます。

院内処方

 

院長

調剤薬局では、薬剤師による処方薬についての説明があります。

院内処方と院外処方の費用負担

院内処方

  • 院内処方では、調剤薬局での調剤料がかかりません
  • お薬代は、薬価が決められているため、院内処方、院外処方も同じ薬は、同じ価格です
  • 診察料はもちろん変わりません。

院長

処方は医師が行いますので、いつも飲み慣れている薬など説明の必要ない処方薬の場合、経済的な観点から考えると院内処方に大きなメリットがあります。

また、医師も新しく処方する薬がある場合は、診察時に説明を行いますので、説明が不足するということはあまり考えられにくいと思います。

 

調剤料とは?

調剤料とは、調剤薬局(薬局)で処方されるときに加算される費用です。

現在の調剤薬局での調剤料(2018)

調剤技術料

調剤基本料 薬局を利用することで必要になる費用
調剤管理料 薬の調剤にかかる費用
各種加算料 一包化などに関わる費用

薬学管理料

かかりつけ薬剤師などに関する費用

院長

調剤についても、いろいろな加算を取られる仕組みになっています。
いつの間にか加算を取られて薬の費用がかさむよりは、院内処方の方がシンプルで、経済的だと思います。
院内処方では調剤に関する費用はいりません。

当院での処方の特徴

  • 基本的に院内処方ですが、院外処方にも対応しております
  • 薬の一包化の費用は当院ではいただいておりません
  • ジェネリック薬を積極的に処方
  • 薬剤情報についても、お薬手帳に対応しております。

一包化について

一包化とは

朝、昼、夕に内服するお薬を飲む時間帯にわけて、再度、袋に入れなおすことを言います。

薬を一包化する目的には大きく分けて2つあります。
まず一つ目は、処方薬が数種類あり、薬剤の飲み忘れ、飲み誤りの恐れが考えられる患者様に対して、しっかりと間違わずに服薬していただくという目的
もう一つは、薬をうまく取り出したりすることが、障害などにより困難で、服用することができない方に、より簡便に服薬していただくという目的

調剤薬局では、薬剤の一包化に費用がかかります。

一包化にかかる費用の一例です

処方日数 1割負担 3割負担
1〜7日 30円 100円
8〜14日 60円 190円
15〜21日 100円 290円
22〜28日 130円 390円
29〜35日 160円 480円
36〜42日 190円 580円
43日以上 220円 660円

 

当院の処方では、一包化の費用はいりません

一包化を希望される方は、気軽に受付に申し出てください。

ジェネリック薬を積極的に処方

院長

当院では、積極的にジェネリック薬を採用しております。また、先発薬も同様に処方しております。ジェネリック薬が合わない場合は、すぐに先発薬にもどしますので、診察時のお申し出ください。

薬剤情報やお薬手帳にも対応

院内処方だから、お薬の情報がもらえない、お薬手帳に張るための薬剤情報がない、、、、
そんなことはありません。当院では、分包機メーカーの湯山の電子カルテと分包器を導入しております。システムとして、一般調剤薬局と同様なシステムを導入しておりますので、薬剤情報、お薬手帳のための薬剤情報につきましては、窓口でお声がけをしていただければ、すぐに対応しますので、ご安心ください。