大阪市胃がん検診の予約を受け付けています。

胃カメラ(胃内視鏡)検査

経鼻カメラを使った胃カメラ検査

当院では、口からではなく、より患者様の負担の少ない鼻からのカメラ(経鼻カメラ)を使った検査を行っております。以前は、経鼻カメラは、視野が狭く、画像も口からのカメラに比べて劣る印象がありましたが、現在、当院で用いているシステムでは、口からのカメラと遜色のない視野と画像で胃内部の観察ができるようになっています。

口からのカメラを希望される方
経鼻のカメラで、口から挿入して観察することも可能です。どうしても鼻が苦手だという方は、事前に伝えていただければ、口から挿入して観察をさせていただきます。
眠って行う場合の注意点
  • 苦痛なく検査を受けていただくことができますが、鎮静剤による副反応の問題もあります。
  • 鎮静後はふらつきますので、車、バイク、自転車での来院はできません。
  • 鎮静を希望される方は、必ず、予約時にお申し出ください。

 

胃カメラ検査を行っている日

午前
午後

院長

金曜日は終日。土曜日も胃カメラの検査を第1、3、5の隔週で行なっています。

胃カメラは午前中
大腸カメラと一緒に胃カメラの検査をされる方以外は、原則、胃カメラの検査は午前中に行います。理由としましては、検査日前日の夜9時から絶食の状態となりますので、午後からの検査となりますと、絶食をしている時間が長くなってしまい、体への負担も大きくなります。とはいえ、検査日当日の朝食と昼食を抜いてどうしても午後に検査をされたいと希望される方は、事前に相談させていただきたいと思います。

胃カメラ検査は予約です

当院では、検査のできる曜日が限られているため、予約での胃カメラ検査を行なっております。大腸カメラと異なり、胃カメラ検査はより少ない準備と短時間での検査が可能ですので、予約と言いましても、症状が出現した週の週末には検査を入れることが可能だと思いますので、症状がある方は早い目に受診をしてください。

胃カメラ検査の流れ

胃の調子が悪い、ピロリ菌が心配など胃に関して何らかの症状がある方は、まず、当院に受診をしてください。当院受診後の内視鏡検査までの流れは以下のようになります。

  • STEP.1
    最初に
    外来に受診をしていただき、検査の予約を取っていただきます。
    (問診、診察にて自覚症状などを教えてください)
  • STEP.2
    検査日までに
    血液をサラサラにする薬など、予約を入れる時に中止の指示のあった内服薬は指示された日から内服を中止してください。
  • STEP.3
    検査前日
    検査前日は夜9時から食事の止めて水、お茶だけを摂るようにしてください
  • STEP.4
    検査日
    検査当日も前日の夜9時と同様に食事は摂らないでください、内服薬は内服可能なお薬は服用してください。
  • STEP.5
    検査終了後
    内視鏡検査時に、ピロリ菌の検査、生検検査(細胞を調べる検査)を行う場合があります、結果に1週間程度かかりますので、検査終了後説明をさせていただきます。

院長

服用されている薬により、処方をされている先生に問い合わせなどをすることがあります。胃カメラを希望される方は、予約の状況もありますので、余裕を持って来院してください。

内視鏡専門医による検査

症状のない胃ガンを発見するために

胃カメラの検査の主要な目的は、胃ガンを発見し治療を行うこと。

専門医である意義

カメラ自体の手技はもちろんのこと、ほんの少しの粘膜の変化を捉えて、その部分の生検(一部の異常な部分を取ってきて、顕微鏡で細胞に異常がないかどうか調べること)を行う必要があります。この粘膜の変化の部分に経験的が求められるため、当院では専門医による検査を行っています。

クリニックの限界

残念ながら、粘膜の病変(胃ガン)に対しての治療は、当院では行えないのが現状です。異常がある場合は、責任を持って紹介先を紹介させていただいております。

ピロリ菌の検査

胃ガンの原因として、ヘリコバクターピロリ菌の感染があります。当院で内視鏡をされた場合は、以下の順番で、ピロリ菌のチェックを行い、除菌までスムーズに行っております。

  1. 胃カメラ(内視鏡)検査を行います
  2. 血液検査にてピロリ菌の抗体のチェック
  3. 1週間後、再診にてピロリ菌の検査結果の説明
  4. ピロリ菌がいれば、除菌へ

胃カメラの検査で異常が見つかった場合は?

胃カメラ後
  1. 患者様と画像を見ながら異常な部位についての説明を行います。
  2. 生検(胃の一部をとって調べる検査)を行った場合は、7〜10日後に再診していただきます。
  3. 改めて、画面を見ながら説明を行い、生検の結果の説明を行います。
  4. 胃がんなどの当院で今後対応が難しい場合は、速やかに専門の病院に紹介させていただきます。

紹介先の病院

院長

昨年の実績では、交通の便などもありJR大阪鉄道病院へ紹介させていいただくことが多くありましたが、基本的に患者様と相談して紹介先の方は決めております。

紹介先病院

 

2017年の当院、胃内視鏡検査の実績

紹介先をふくめて、以下のリンクに当院の2017年の実績をまとめています。参考にしていただければと思います。

胃カメラ2017年の胃カメラの実績

胃内視鏡検査(胃カメラ検査)のQ&A

 

鼻からと口からの内視鏡検査の違いはありますか?

以前のカメラの場合、鼻からのものは視野が狭く、光りの量も少なかったため、口からのカメラに比べて劣っている場合が多かったですが、現在の最新機種では、視野、光の量ともに遜色はありません。あとは、鼻からのカメラは細いため、すこし操作にコツが必要な印象があります。

 

胃カメラの検査はどれぐらい期間を開けて検査を受けていけばいいのでしょうか?

検査を受ける頻度については、はっきりしたものはありませんが、参考までに、大阪市の胃がん検診は、カメラの場合2年に一度になっています。当院で検査を受けられた場合は、検査時に、どれぐらいの期間を開けるか内視鏡医より指示が出ますので、必要な方は、最短で1ヶ月ぐらいに再検査を受けていただいている場合もあります。

 

中止指示のある薬を内服したままで検査を受けることができますか?

検査自体は受けることは可能です。しかしながら、生検検査といった詳しい検査を行うことができないため、何か異常があった場合は、もう一度、内服を中止して、検査を受ける必要があります。

 

ピロリ菌を除菌しましたが、胃内視鏡(胃カメラ)検査はもう受けなくてもいいのでしょうか?

ピロリ菌がいなくなっても、胃がんになる可能性は十分にあります。定期的に胃内視鏡(胃カメラ)検査を受けられることをおすすめします。