お支払いがキャシュレスに対応しました。

大阪市の胃ガン検診(胃カメラ)

胃がん検診

大阪市の胃カメラによる胃ガン検診を行っております

2017年10月から大阪市の胃ガン検診が変わりました。今まで、胃部X線検査(1年に一度)だったものに、胃内視鏡検査(2年に一度)が加わる形になりました。当院では、以前より、通院患者様を中心に胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査を行なっておりましたが、この度、制度をが変わるのということで、胃内視鏡検査による胃ガン検診を2017年10月から開始しました。

対象は満50歳以上の大阪市民(大阪市に住民票のある)の方

さらに、以下の要件に該当される方は、検査を受けれませんので、あらかじめご了承ください。

次のような方は内視鏡での胃がん検診を受けれません

1、加入中の医療保険や会社で胃バリウム検査、カメラを受ける機会がある方

2、今年度中に、胃バリウム、カメラの検査を受けた方

3、今年度中に、胃バリウム、カメラの検査を他の自治体で受けた方

4、検診部位(胃)の病気等で治療中、経過観察中の方

5、自覚症状のある方

6、疾病の種類にかかわらず、入院中の方

院長

胃がん検診は、上記のような制約がありますが、当院では、検診もしくは診察という形で、適切に胃内視鏡(胃カメラ)の検査ができるように対応しますので、胃カメラの検査を希望される方は、気軽に予約ください。

胃内視鏡(胃カメラ)の検査は全てネットで予約できるようになりました。

ネットでの予約を希望される方は、胃カメラのページから予約してください。

胃カメラ予約【胃内視鏡】胃カメラ(胃がん検診)の予約

 

 

お電話での予約も行っています。

電話番号 06-6708-6345(診療時間内にお電話ください)

 

鎮静剤は使えません(眠って検査を受けることはできません)

大阪市の胃ガン検診の場合、鎮静剤(寝てる間に内視鏡検査を行う)を用いた検査は禁止されております。あらかじめ、ご了承ください。

通常の胃カメラ検査

検診の場合のみ鎮静は禁止されております。これは、鎮静によるトラブルが起きないようにとの考え方によるものです。

当院の通常の胃カメラ検査の場合は、患者様の希望があれば、鎮静を行って検査も行っております。(今まで、特にトラブルは起こったことはありません。)

費用について

胃ガン検診の費用は、1500円です。

検診以外の費用が必要な場合

  • ピロリ菌検査を行う場合
  • 胃カメラにて生検検査(一部の細胞を取ってくる検査)が必要と判断された場合
  • 生検検査を行う場合でも検診の場合は初診料は必要ありません
  • 薬の処方が必要な時は初診料が必要です。
ピロリ菌検査
当院では、ピロリ菌検査を採血による抗体検査で行なっております。検診の結果、検査が必要である場合は、別途、健康保険を利用しまして、検査を行いますので、検診費用以外に費用が発生する事となります。
生検検査
検診の結果、食道、胃、十二指腸にて粘膜の異常を認めた場合、一部の組織を取ってきて精密検査を行う生検検査必要になり場合があります。その場合もピロリ菌検査と同様に、健康保険を利用して、検査を行いますので、検診費用以外に費用が発生します。

 

 

 

胃がん検診Q&A

 

仕事の都合などがあって、どうしても午前中でなく、午後の時間帯に検査を受けたいのですが?

午後から検査を行う場合、空腹の時間が長くなることが予想されます。また、午後は大腸内視鏡検査を行っているため、検査の都合によりできないこともあります。あらかじめ問診の時に相談させていただければと思います。

 

問診をせずに直接受診して、胃がん検診を受けることができますか?

当院の内視鏡の日にちが限定されているため、通常の内視鏡の検査の予約が入っていますので、即日の検査は難しい状況です。できましたら、事前にお電話での確認をお願いします。

 

生検検査、ピロリ菌の検査をした場合は、また受診する必要がありますか?

検査の結果に約1週間の時間をいただいています。約1週間後ぐらいに再度受診をしていただく形になります。また、この時は、通常の診察になりますので、費用が再診料が必要になりますのでご了承ください。

 

眠っている間の検査はできますか?

大阪市の胃がん検診では眠っている間の検査は禁止されています。より安全に検査を受けていただくため、薬を使うことによる危険性を避けるための方針ということです。

 

アクセスマップ