予約 予防接種 新型コロナウイルス関連

インルフルエンザワクチンと新しいコロナワクチン

現在の状況

ワクチンの種類受付方法
新型コロナワクチン電話予約
インフルエンザワクチンいつでも診察時間内で接種を行っています

新型コロナワクチンについて

ポイント

  • ワクチンの供給数が限られているため、予約での対応
  • 相変わらず6人ひとまとめで接種をする必要があり、ワクチンをあまり無駄にしたくないので、6人を揃えるのが大変です。
  • 状況で、ネット予約を考えることに、、
院長

6人ずつのワクチンていうのが、この新型コロナワクチンのオペレーションを難しくしています。6人分のワクチンを1人分使って、それ以外は予定がないから破棄する。というのも可能ではあるのですが、なかなかそれは勿体ない!

接種間隔が5ヶ月→3ヶ月に短くなりました

突然、接種間隔が短くなりました。基本的に接種券を持たれている方が対象になりますので、5回目の時期が来たからといって、接種券がなければ接種することができませんのでご了承ください。

院長

いきなり制度が変えられますと、現場も大変混乱します。発表の前に混乱しないような準備をお願いしたいものです。

1回目、2回目のワクチン接種は対象ではありません

今回の新しいタイプの新型コロナワクチンは3回目以降の方が対象になっていますので、これから1回目を希望される方などは当院では対応できませんのであらかじめご了承ください。

インフルエンザワクチンについて

ポイント

  • 65歳以上の方は無料
  • 在庫については十分ありますので、すぐに打たないとなくなるものでもないようです。
院長

住民票のある市町村でインフルエンザワクチンを接種される場合、65歳以上が無料になります。市町村をまたいで接種をされる場合は費用が発生しますので、注意が必要です。

-予約, 予防接種, 新型コロナウイルス関連