新型コロナウィルスの抗体検査を実施中

インフルエザが流行期へ

インフルエンザ

インフルエンザの発生数が増えています

インフルエンザの発生数(大阪府) 12月3日〜12月9日(第49週)

 

豊能 三島 北河内 中河内 南河内 堺市 泉州 大阪市
北部
大阪市
西部
大阪市
東部
大阪市
南部
合計
49週 36 82 167 78 75 48 84 57 17 33 41 718
48週 24 43 61 35 45 64 26 26 15 17 23 379

前週に比べて、インフルエンザの患者発生数が増加しています。

院長

前の週に比べて、発生者数が倍増しています。流行が始まってきています。

うがい、手洗いなどの感染予防を積極的に行うようにしましょう


 

大阪市の市南部(平野区を含む)も1.52←0.85

院長

当院ではまだ、インフルエンザの発生はございませんが、市南部(平野区を含む)でも、前週と比較してインフルエンザの報告が増えています。
大阪市のインフルエンザ発生状況
 市(合計) 市北部  市西部  市東部 市南部
2018年第49週(12月3日~12月9日) 1.76 2.85 1.13 1.50 1.52

市北部:北・都島・淀川・東淀川・旭
市西部:福島・此花・西・港・大正・西淀川
市東部:中央・天王寺・浪速・東成・生野・城東・鶴見
市南部:阿倍野・住之江・住吉・東住吉・平野・西成

参考 インフルエンザの発生状況大阪市のホームページ

本格的な流行はいつから?

インフルエンザグラフ

前年を参考にしますと、だいたい本格的な流行は、流行期は始まって4週後ぐらいたってから起こっているようです。

院長

今月末から来月のはじめがちょうど本格的な流行の時期になると予想されます。


予防接種はもう遅い?

インフルエンザの予防接種は接種後2週間程度で、その効果を期待することができます。

ですから、現在の流行状況を考えますと、12月16日〜25日ぐらいまでの時期に接種をしておくとなんとか間に合うという印象です。

インフルエンザの予防接種予約

インフルエンザ予防接種インフルエンザワクチンの予約

院長

引き続き、ワクチンの入荷状況は不安定です。希望される方は早い目に!

年末に向けて、外来の混雑が予想されます。診察中は待ち時間が発生しますので、できるだけ予約でお願いします。