新型コロナウイルス関連 発熱外来 診察

9月26日より全数把握ではなくなります

発熱外来受診されない方

症状が軽い方

症状を判断

こんな方が対象

  • 熱がすぐに治まった
  • 濃厚接触者だけど、すこし気になる症状がある
  • 身体はしんどいけど、自分的には大丈夫、でも少し心配
  • 風邪症状だけど、新型コロナかもしれない
院長

症状っていうのは千差万別で、人によって同じ症状でも全く捉え方が異なります。症状が軽いかどうかの基準は個人個人の判断に委ねられます。

こんな方は発熱外来へ

発熱外来の受診の目安として

  • 投薬を希望される方
  • 医療機関でPCR検査を受けたい方
  • 自分自身の症状に不安のある方
院長

あまり色々考えずに、症状があって薬がほしいときは気軽に発熱外来を受診してください。

コロナ検査キットでセルフチェック

大阪市では検査キットを無料で配布するための検査キット配布センターが立ち上がります。9月28日からは、センターに申し込みをすることで無料の検査キットが送られてくるということです。

検査キット配布センターが設置されます。

院長

抗原キットで陽性であれば、コロナウィルスに感染しているという判断になります。"陰性"="感染していない"ということではないので、疑われる場合は複数回のチェックが必要になる可能性もあります。

健康フォローアップセンター

新しく設置される健康フォローアップセンターというところに、各自連絡をしてください。

発熱外来であっても、届出の対象となっていない方で陽性の方は、各自で陽性者登録センターに登録する形になりますのでご了承ください。

同センターでフォローアップ

その後の症状については、同センターがフォローアップを行ってくれるということです。

発熱外来を受診した場合

大阪府から配布されているリーフレット

院長

発熱外来を受診し、陽性になった場合の登録への流れになります。

発生届けの対象の方

対象者

  • 65歳以上の者
  • 入院を要する者
  • 重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ治療薬の投与が必要な者 または、、新型コロナ罹患により新たに酸素投与が必要な者
  • 妊婦
院長

発生届については当院でおこなうことになります

① 65歳以上の者

65歳以上の方は自動的に、登録対象になります。

② 入院を要する者

来院時に、入院が必要なほど状態が悪い方は、当然、登録対象になります

③ 重症化リスクがあり、、、、、

治療薬を処方した場合は、登録対象になると考えていいと思います。

ポイント

  • 基礎疾患があって、症状が中等度〜重症になりそうで、治療薬の投与が必要な人
  • 新型コロナに感染して、息が苦しくなって酸素が必要になっている人

④ 妊婦

妊婦の方は発生届の対象となります。

発生届けの不要な方

届出の対象にならない方は、各自での届出になりますので注意が必要です。

  • 当院発熱外来を受診
    • 当院でのPCR検査
  • PCR検査で陽性
    • 治療のための投薬を受ける
  • 各自で”大阪府陽性者登録センター”に登録
    • 9月25日現在は準備中です。
院長

今までは、全例当院で発生届の登録を行っていましたが、今後は登録は当院では行いませんので、各自で”大阪府陽性者登録センター”への登録が必要になります

-新型コロナウイルス関連, 発熱外来, 診察
-, ,