特定健診

特定健診について

2018年2月16日

特定健診でこれがわかるよ!

特定健診は年に一度無料で受けることのできる検診です。普段、会社などで定期健診を受けておられる方は、あまり必要性がないかもしれませんが、「健康診断を受ける機会のない人」に取っては非常に有効か健康診断でいろいろなことを調べることができますので、受けたことのない方や今年度受けられていない方は、コロナウィルス感染症がすこし落ち着いたタイミングで受けられてはいかがでしょう?

  • 脂質異常症
  • 糖尿病
  • 肝機能障害
  • 腎機能障害
  • 貧血
  • 不整脈
院長
特定健診は40歳以上が対象で、各自治体より特定健診用の書類が送られてきています。

 

特定健診のチェック項目

問診
身体計測
診察
血圧測定
尿検査尿糖/尿蛋白
血液検査脂質中性脂肪/LDL/HDLコレステロール
肝機能GOT/GPT
血糖血糖値/HbA1c
腎機能クレアチニン/尿酸

それぞれの項目について

血圧、身長、体重、腹囲

いわゆる、一般の健康診断でも行う項目です。簡単な検査ですが、非常に重要な検査でもあります。年に一度はチェックして、自分の状態を確認することは非常に重要と思います。

10時間の空腹時間が必要です

特定健診を受けられる場合は、朝、食事を抜いて受診をしてください。また、夕方に受診される場合は、昼食を抜いて、受診をしてください。

食事を食べて来られますと、特定健診ができません。

脂質の異常

チェック項目

  • LDL-C(LDLコレステロール) (いわゆる悪玉コレステロール)
  • HDL-C(HDLコレステロール)
  • TG(中性脂肪)

日常生活をしていて、どうしても上がってしまいやすいのが、悪玉コレステロールといわれるLDLコレステロールと中性脂肪。

特定健診では、LDL-C(LDLコレステロール)HDL-C(HDLコレステロール)TG(中性脂肪)の3項目を測定できますので、最近の動脈硬化性疾患予防ガイドラインに当てはめて、自分の血液検査の結果がどれぐらい高くて、どうすればいいのかを見る事ができます。

40〜44歳の方

ココがダメ

  • LDLコレステロールが160以上
  • 喫煙
  • 血圧が140以上

メモ

心筋梗塞や狭心症などの病気になったことがある場合
この場合は、すぐに二次予防の分類に入りますので、しっかりとしたコレステロールと中性脂肪の管理が必要になります。

45〜54歳の方

ココがダメ

  • LDLコレステロールが140以上
  • 喫煙
  • 血圧が140以上

55〜64歳の方

この年齢になりますと、年齢だけで、危険度がアップします。

もう危険!

  • LDLコレステロールが140以上
  • 喫煙
  • 血圧が140以上

65歳以上

厳格なコレステロールの管理が必要になってきます。

もう危険!

  • LDLコレステロールが100以上
  • 喫煙
  • 血圧が140以上
院長
この年齢になってきますと、LDLコレステロールを100以下にする必要があるため、動脈硬化の予防の為には何らかの内服によるコントロールが必要になってきます。

まとめますと

注意事項

  • 歳をとるごとに、動脈硬化はすすみます
  • 喫煙は絶対ダメなので、禁煙をしましょう
  • 年齢とともに悪玉コレステロールを下げましょう
院長
禁煙は動脈硬化の一番の危険因子になります。当院では、禁煙外来も行っていますので、禁煙を希望される方は受診をして頂ければと思います。

 

 

禁煙外来
禁煙外来

3ヶ月で禁煙をしましょう 2020年10月よりタバコ増税 4月の健康増進法の改正や新型コロナウイルスと喫煙の関連性が疑われたため、4月は禁煙外来を受診される方が増えていましたが、それ以降は、だいぶ禁煙 ...

続きを見る

 

肝機能

チェック項目

  • AST(GOT)
  • ALT(GPT)
  • γGTP

 

この3つの項目で、アルコールの飲みすぎによるアルコール性肝炎、脂肪肝による肝機能障害など、肝臓の異常の有無をチェックする事ができます。

糖尿病(血糖値など)

チェック項目

  • 血糖値
  • HbA1c(血糖値の平均値)

テレビでもよく取り上げられている糖尿病。特定健診では糖尿病もチェックをすることができます。

糖尿病の方も、糖尿病のチェックのための採血を特定健診で代用することができますので、是非、ご利用ください。

腎機能

チェック項目

  • クレアチニン
  • 尿酸

クレアチニン→腎臓の機能、尿酸→痛風のチェックなどが可能になっています。

尿検査

尿検査は、尿糖と尿蛋白を調べます。

尿潜血も一緒に調べられてしまうため、何らかの異常があれば、結果説明の時に口頭で説明をしております。

貧血、心電図

診察にて、顔色や眼瞼結膜の状態から貧血であるかどうかのチェックを行います。そのなかで、貧血が疑われる場合は、採血の項目に貧血の項目を追加しております。また、聴診にて、異常が認めら得た場合には、心電図のチェックも行います。とくに問題のないと判断した場合は、心電図検査はおこないません。

特定健診のメタボリックの基準

内臓脂肪の蓄積
腹囲男性 85cm以上 女性 90cm以上
上記に加えて、以下の2つ以上に該当
脂質中性脂肪 150mg/dl以上
HDLコレステロール 40mg/dl未満
のいずれかまたは両方
血圧収縮期血圧(最高血圧) 130mmHg以上
拡張期血圧(最低血圧) 85mmHg以上
のいずれかまたは両方
血糖空腹時血糖値 110mg/dl以上

特定健診に足らないもの

胸部レントゲン

特定健診は、メタボリックシンドロームを調べるためのもの、そのため、胸部のレントゲンは特定健診の項目には入ってきません。

便潜血検査

いわゆる大腸癌検診の範囲にはいるものですが、わざわざ分けずに特定健診の中にいれてもいいのではないかなという印象はあります。

特定健診の費用

特定健診の費用は無料です。

院長

特定健診は一年に一度の健診です。ですから、自分の誕生月などを利用して受けていただければと思います。

予約
特定健診予約
【予約】特定健診を受けましょう

特定健診を受けましょう 今年度は、新型コロナウィルスの流行があり、通常の企業の健康診断が遅れたり、学校の健康診断も遅れたりと大変な1年でした。そういった中で、医療機関へ受診する頻度も減ってしまい、普通 ...

続きを見る

 

 

-特定健診