予防接種 新型コロナウイルス関連 診察

今後のワクチン接種

2021年7月2日

8月からのワクチン接種

2021年8月1日の現状では、相変わらずファイザー社製ワクチンが無い状態が続いているようです。下のワクチンの接種状況であるように、ワクチンの供給量は順調に減少しており、このままワクチンもお盆休みに突入します。

現在の接種状況です

ワクチン接種状況

予防接種 新型コロナウイルス関連 診察

新型コロナウイルスワクチン接種状況

2021/8/1  

65歳以上のかかりつけの患者様のワクチン接種を進めて参りましたが、7月31日の時点で、ほぼかかりつけの患者様への2回目の接種が終了しました。 接種が終了するまで 途中からワクチンの供給が減ってしまう( ...

お盆が明けたらある程度入ってくるか?

8月のカレンダー

1011121314
15161718192021
22232425262718

8月8日〜14日の週はお盆休みでワクチンの配送はありません。

今後のワクチン接種の変更点

  • 8月17日ぐらいから、配給される量が一定になる
  • 2回目のワクチンの供給が常に分からないため、ワクチン在庫を置く必要がある
  • 接種ができる人数が、今までよりも少なくなる

まだまだ、ワクチンが足りない状況が続きますが、できるだけたくさんの人が接種出来るように努力していきたいと考えています。

7月12日以降に予約されている方の再予約を徐々に再開

少しではありますが、ワクチンの余裕ができましたので、早い時期に予約をされていた方を対象に、再予約というかたちでご案内をさせて頂いています。メールで案内後、専用のカレンダーから予約を入れるかたちになりますので、順番にメールをお待ち頂ければと思います。

再開したといってもまだまだ、当初の量に比べれば微々たるもので、期待できるようなものではありませんが、少しでも早く当院としてもワクチン接種を進めて行きたいので、ワクチンの数の都合を見ながら、ご案内を行っています。

本格化はお盆明け

8月17日のワクチン供給量が決定すれば、もうすこし大々的に接種の再開を進めて行くことができると思いますので、それまで今しばらくお待ち頂ければと思います。

-予防接種, 新型コロナウイルス関連, 診察