大腸カメラ(大腸内視鏡)検査

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)とは

大腸に、胃カメラと同じようにカメラ(内視鏡)を挿入して、直接、大腸の粘膜の異常を調べるための検査です。

大腸カメラの利点

  • 便潜血では発見しにくい大腸ポリープを見つけることができる。
  • ポリープをその場で切除することができる。
  • ポリープ以外にも大腸の粘膜病変のチェックを行える。

当院の大腸カメラの欠点

  • 検査前に多量の下剤を飲むのでしんどい
  • 下剤を飲むだけでも2時間ほどかかるため、全体の検査時間が長い
  • 当院では、1cm以上のポリープの切除が困難なため、大きなポリープは紹介の必要性がある。

当院の大腸カメラについて

大腸カメラ大腸カメラ(大腸内視鏡)検査

大腸ポリープへの対応

大腸カメラで見つかったポリープに対しては2通りの方法をとっております。まず、1cmまでのポリープについては、コールドポリペクトミーという方法で切除を行います。一方、それ以上の大きさのポリープ、また、ポリペクトミーが困難なポリープにつきましては、入院施設のある専門の医療機関に紹介させて頂いております。

大腸カメラ大腸ポリープへの対応

眠っている間に検査終了

麻酔を行うことで、辛い思いをせずに大腸カメラが終了します。

(麻酔を使う場合、車、バイク、自転車を運転しての来院はできません。)